さくららん(フイリサクララン) & ホヤ・カーリー(ハートの葉) 

画像



ホヤの仲間のつる性植物は
200種ぐらいあるといいます
そのなかから
我が家で咲かせている2種類を・・・・・

フイリサクラランは緑の葉に白い斑が混じっています
もうひとつホヤ・カーリーはハートの形をした葉が特徴です

上の花はフイリサクララン
別名ホヤ・カルノーサ  ワックス・プラント


追記
蘿いも(ががいも)科です
 (蘭科ではありません)

  

画像画像



左のような蕾から
右のようなお花へと・・・・・


最初小さな粒粒があるような塊なんですよ
徐々に蕾が膨らみ線香花火のような形で成長します
蕾を見つけた日から3週間弱で開花します

中心から放射線状に2センチほどの花柄が出て
こんもりと半球形を作って咲きます
その花姿は昔の小町娘の髪飾りに似て・・・・・
直径は8センチほどでしょうか



画像



蜜が多いのでしょうか?
アリンコさんが・・・・・


画像



ピンクの5弁の小花の中にもうひとつ小さな5弁の花
外の花びらは起毛素材を思わせる小さい羽毛がみえています
中の花はまるでガラス細工
中心部が赤く盛り上がってみえます



画像画像



ばらしますと舞台裏はこんな感じです
今年は暑すぎたのか手入れが悪かったのか
生育状態が悪くて・・・・・


画像画像



サクラランという名前は桜色の花を咲かすので
このような名前がついたといいます
花は長く伸びた蔓に咲くんですよ
だからある程度大きくならないと花は咲きません
緑の葉に白い斑が混じっています
斑は外斑と中斑の二種類があるようですが
我が家のは外斑です

鉢植えで弦を上に伸ばしているんですが
まだ花が咲きません
一度咲くと同じ場所に何年か咲くので
待つしかないですね(笑)



画像



花かんざしのようなお花を見てあげてくださいね



画像




似たお花2つ目は・・・・・
ホヤ・カーリー(ハートの葉)
別名 シャム桜蘭(シャムさくららん)

追記
蘿いも(ががいも)科です
(蘭科ではありません)


生育していくなかできれいなハート型の葉に出会えたらラッキーな事がある
タイの言い伝えを・・・・・

一人の貧しい若者がいました
ある日
若者はとても叶いそうにはない恋をしてしまいました

若者は贈り物をしたいと思いました
でも高級なものを贈る事は出来ません
失意の中で森の中をさまよっていると
あるお寺にたどり着きました

その時
大木に寄り添う様に生えているハートの形をした緑の葉を見つけたのです
お坊さんに事情を話すと
「この葉を2枚持っていきなさい
そして…あなたの大切な人に渡すのです」

若者はその葉を大切に持ち帰り女性の許へ向かい ました
勇気を振り絞って告白しようとすると
手の中でその葉はまぶしい光を放ちはじめました
その光に背中を押された若者は
その葉をプレゼントしました
結果…二人はめでたしめでたし・・・・・

そんなことから
このホヤ・カーリーに願いを込めて相手に贈ると想いが通じる
とされているそうです



画像画像



こんな蕾が出来ます
まるでキャンディーのような・・・・・
花が咲くまでは約1カ月
我が家では屋内なので時間がかかっているかも・・・・・
玄関に置いています




画像画像画像




画像画像



サクララン同様に
前年と同じ場所にお花が咲きます
ですから弦を切ることは出来ないので
このように丸めて・・・・・
天井まで伸びているんですよ



画像画像



似た咲き方をするお花を並べてみました
左がフイリサクララン
右がホヤ・カーリー(ハートの葉)



画像



こうして見ると
口に含んで見たくなります
飴細工のようなお花でした



         


もうひとつのブログ「たおやかに」ひさしぶりに更新しています
ポエムのブログです
お時間がありましたらお立ち寄りいただけたら嬉しいです



都合で誠に申し訳ありませんが
頂きましたコメントは確認の上公開とさせていただきます
留守をすることが多いので公開までの時間がかかることもありますが
どうぞお許しくださいね
本当に申し訳ございません




にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

サイト内ウェブ検索

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 174

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年07月13日 21:02
フイリサクラランとホヤ・カーリー(ハートの葉)
かんざしを想像させてくれます

サクラランはずーっと以前トライした事が有りますが花を咲かすことは出来ませんでした ホヤ・カーリーは初めて見せて頂きました
珍しいお花の紹介有難う御座いました

ろこ
2013年07月13日 22:03
 もこさん
こんばんは。
フイリサクラランとホヤ・カーリー(ハートの葉)
かんざしを想像出来ましたか。ありがとうございます。
サクラランは一度咲くと毎年咲いてくれるんですが、
そこまで行くのに時間がかかって・・・・・
トライされたのにお花を咲かすことが出来なかったんですね。
それは残念でしたね。
ホヤ・カーリーは初めてでしたか。
ちょっと珍しいお花かもしれません。
2013年07月13日 22:41
今晩は。
フイリサクラランと言う花は金平糖の様に見えます。
サクランの花も和菓子に見えます。珍しい✿です。
一度も見た事もありません。珍しい花をありがとうございます。
今日は妻と二人で下関の角島大橋に烏賊を食べに行って来ました。
では(*^-^*)ノ~~マタネー。
2013年07月13日 22:49
サクラランを咲くすには根気が要りますね。 ビロードみたいな花びら、飴細工のような小さな花、とても面白いですね。
2013年07月14日 08:10
珍しいお花ですね。初めて見ました。
かわいい感じのお花で、癒されそうですね。
ろこ
2013年07月14日 09:05
 たるさん
おはようございます。
フイリサクラランは金平糖みたいですね。
どうしてここまで可愛らしく…って思います。
ホヤ・カーリーのお花は和菓子にも見えますね。
下関の角島大橋に烏賊を食べに行って来られたんですか。
いいな。
下関は新幹線で通過しただけです。町を歩いて見たいです。、
では(*^-^*)ノ~~マタネー。
ろこ
2013年07月14日 09:07
 小梨さん
どちらの花も初めて花が咲いてくれたら締めたものですね。
同じ場所に翌年も咲きますからね。
面白いお花ですね。
ろこ
2013年07月14日 09:09
 TonTonさん
やはり初めてですか?
愛らしくて珍しいお花です。
ホヤ・カーリーのお花はネット検索しても画像ではほんの僅かしか出てこない
かもしれません。 
2013年07月14日 16:02
こんにちは!!

これはどちらも蘭の仲間なんですね?
初めて見ました!!
精巧な作りものみたいな感じで
ホント花かんざしのようですね。

ホヤ・カーリーの赤いお花?の部分は
ビーズみたいにも見えます

珍しいお花を見せていただき、ありがとうございました

ろこ
2013年07月14日 17:19
 biore-mama さん
この花は2つとも蘭の仲間ではないんですよ。
本文に追記させて頂きました。
ガガイモ科のお花です。
蘭科ではないんです。
花名と言うのは不思議ですね。
精巧な作りもののようなお花ですよね。蝋細工のような…
ホヤ・カーリーは別名シャム桜蘭とも言うようです。
2013年07月14日 20:44
こんばんは。
サクラランの可愛い花は、簪のようですね。
ホヤ・カーリーのハートの葉は見かけますが・・。
可愛いお花を咲かせるのですね。
どちらの花も、出会ったことが有りません・・。
ろこさん、愛情いっぱいに育てられたのですね。
珍しいお花を見せて頂き有難うございました♪
ろこ
2013年07月14日 21:47
 杏さん
こんばんは。
そうなんですよ。サクラランの花は、簪のようです。
ホヤ・カーリーはハートの葉として1枚ンまい小さな鉢に挿して売られていますよね。
こんなに可愛いお花を咲かせるのですから、皆さん頑張って育てて欲しいですん。
杏さんは見たことのないお花があるんですね。
お花で知らないものはないのではと思っていました。
2013年07月15日 01:45
1/27のポエム 黄色の水仙の写真をみせていただきました。
冬の夕べに観る黄色の水仙花を 灯火の下に観ている
素敵な帰宅風景でしたねぇ。
グーグルブログ会員ではないので・・・コメントは控えました。
2013年07月15日 17:25
フイリサクラランは蔓にぶら下がったように咲くのですか。面白いです。ベルベットのような質感がゴージャスですね。触ってみたいです。
ホヤ・カーリーはべっ甲飴のようですね(^.^)若者の言い伝えもステキ、ハートのはっぱ変わっていますね!
ろこ
2013年07月17日 10:02
 ログの大好きな徳さん
遅くなってしまってお許しくださいね。
たおやかにへお越し下さったんですね。
ありがとうございます。
goブログですが、会員でなくても大丈夫ですからコメントを入れて頂けたら嬉しいです。
ありがとうございました。
ろこ
2013年07月17日 10:05
 たんぽぽさん
遅くなってしまいごめんなさい。
二つともつる性植物なんですよ。
しかも蘭と言う名前なのに蘭科ではないんです。
ホヤ・カーリーは本当に・・・べっ甲飴のようですね。
葉だけがハオトの葉として鉢植えで売られています。
ろこ
2013年07月17日 10:08
  
気持玉を下さいました皆様ありがとうございました。
励みにさせていただきます。
2013年07月18日 22:14
可愛い花ですね。毎年咲いていいですね。
2年前に植え替えてから咲かないんですよ。蔓は2mぐらい伸びているのにですよ。
いつになったら咲いてくれるのか恨めしくなります。
ろこ
2013年07月19日 22:26
 hiroさん
このところ毎年咲いてくれるんですよ。
蔓が2mも伸びているのにはびっくりです。
咲かない原因は何なんでしょうね。
答えを見つけたかったけど・・・
2013年07月21日 14:17
「フィリサクララン」と言うのですか?
素敵な花ですね。
なにか手にとって食べたくなります。
ろこ
2013年07月22日 11:11
 yoshiさん
まず手に取って見たいですよね。
手のひらでコロコロと遊んでくれそうな感じです。
木を大きくしてたくさんのお花を咲かせて見たいです。 

この記事へのトラックバック

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事

QRコード

Gポイント

リンク集