雨に似合うあじさいとピンクのハシラサボテンの花

画像



庭に咲くアジサイが
美しい季節になりました
大好きなガクアジサイが
夕暮れのほのかな明かりに浮かびあがっています



画像



以前のアジサイの記事にも書いていますので
御覧になっている方がおられるかもしれませんが
アジサイとシーボルトのお話再びです

雨に濡れて
いっそう美しさが増す青紫の花
それは紛れもなくシーボルトが残した
愛の形見でした


画像



雨上がり
思い思いの色を織りなして咲くあじさい
色とりどり
お寺や庭園そして路地裏
大きな庭も小さな庭も染め上げるこの花は
千年の昔から日本の梅雨を
鮮やかに彩ってきたんですね

にもかかわらず「万葉集」に残されたアジサイの歌は
たったの2首と言います
その後も「源氏物語」「枕草子」では一度も出ていません
アジサイはただただひっそりと山野に咲いていたんですね



画像画像



言問はぬ木すらあぢさゐ諸弟(もろと)らが
  練りのむらとにあざむかれけり 
  ・・・・・大伴家持・・・・・

あぢさゐの八重咲くごとく弥(や)つ代にをいませ
  我が背子見つつ偲はむ 
 ・・・・・橘諸兄・・・・・

余談ですが・・・・・
この歌でちょっと気になる事が・・・・・
このころの紫陽花は花(萼) の数が少ない
日本原産のガクアジサイではなかったんでしょうか?
勝手にそう思っていたのですが

花びらが(愕)重なり合うお花が咲いていたんですね




画像



ガクアジサイ以外で初めて咲きました


時は移りました
江戸時代
ひっそりと山野に咲くあじさいに魅せられた男がいました
医師であり
自然科学者でもあった
かのシーボルト・・・・・

1823年に来日
日本の四季に魅せられた彼は
植物の研究を始めたんですね
特に心を奪われたのがあじさいでした
梅雨に濡れてしっとりと咲く青紫の花・・・・・
彼にとってこの花は東洋そのものだったのでしょう!



画像


この花に最愛の女性の名前を付けたそうです
「オタクサ」
シーボルトが日本で暮らした6年間を
共に過ごした美しい日本の女性でした
女性の名は楠本滝
オタクサは彼女の愛称だったんですね
子宝にも恵まれた愛の日々を過ごしていたのですが・・・・

彼は国外追放されてしまいました
門外不出の地図を所持していた罪で 、、、、、
失意の彼はオランダに戻り
17種類のアジサイを紹介した
「日本植物誌」を著しました
学名には「Otakusa」(オタクサ)の名が記されていました



画像画像



ちょっと一息・・・・・
ハシラサボテンのピンク花
雨に打たれてちょっと苦しそう




画像



雫に花びらを映して・・・・・


画像



雨のない日は
やはり嬉しそう!!!




画像



日本を離れてから15年後
シーボルトは再婚
そして滝も別の男性のもとに嫁ぎ
二人の愛は再び重なることはなかったそうです

それから遥か時を越えて・・・・・

6月

遠い二人の愛の日々をなつかしむかのように
雨に濡れて
アジサイの花はほころんで・・・・・


ちょっと手抜きのアジサイ談議でした
箱根のアジサイ電車
そろそろ見ごたえがあるアジサイが見られるでしょうか?
今年は遅れているようですが・・・・・




ノビルの花
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


サイト内ウェブ検索

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 107

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年06月10日 05:34
アジサイはまさに梅雨の花ですね。梅雨に入ってから梅雨らしい雨も降らないので草花が雨を欲しがっています。6月結婚の女性は幸せになれる・・・結婚式も多く見られる季節です。
2011年06月10日 06:44
 おはようございます。
 いろいろな形のアジサイやアジサイにまつわる挿話など…
 聞かせて戴いて有難うございました。
 おシカちゃんが紫陽花が大好きで、生育が遅れ気味です。
 梅雨も暫く中休みみたいですが、そろそろ降るらしいですね。
 雨に咲くアジサイは風情がありますね。
 真夏みたいな陽気になんと云うサボテンか…少し気配がして来ました。
 ポチッとしましたよ…
 
2011年06月10日 07:10
ろこさん、こんにちは
そうですよね、雨にマッチする花といえば、アジサイですよね。雨にけぶるアジサイは見ていて、素敵ですよね。
ただ、雨の中のアジサイは、見ていて、素敵なのですが、滑りやすいところに咲いていることが多いので、滑って、転んだことがありますよ。要注意です。
ヤッコ
2011年06月10日 16:21
紫陽花、素敵ですね。この漢字が好きです。私はガクアジサイが好きです。シーボルト博士に、こんなロマンスがあったんだね。始めて知りました。子宝にも恵まれた、オタクサさんのその後はどうなったんでしょうか?幸せな晩年だったのかしらね。ちょっと気になるなー、、、。でも紫陽花のようにとても素敵なお話でした。ありがとう!
2011年06月10日 23:36
淡いブルーのヤマアジサイ。いいですねえ。
今の紫陽花はほとんどが改良種で、逆輸入品のようです。
お滝さんの時代にも沢山改良種はあったと思います。何しろ江戸人というのは、花の改良が大好きでしたからね。
2011年06月11日 08:12
おはようございます^^
額紫陽花がこんなに綺麗なの初めてです。
調度、紫陽花の季節ですものね。
白の紫陽花も楚々としてます。

サボテンの花は何故にこんなに美しいのでしょうか。
感嘆です。w
               betty^^♪
2011年06月11日 11:01
我が家の友人から頂いたアジサイも咲き始めました。
イメージのせいもあるでしょうけど梅雨が似合う花ですね。
日本植物誌の中にオタクサと命名されているのは知りませんでした。
オランダにも素晴らしい花や自然がありますが日本のアジサイに惹かれたのですね。
2011年06月11日 12:11
アジサイと万葉集とシーボルト。
私にっては全く別のものが繋がったような気がしました。すごく興味深く読ませて頂きました。
まさに花の歴史ですね。素晴らしい記事だな~と感服しました!
2011年06月11日 16:49
アジサイも見頃ですね。紫陽花は雨に似合いますがきょうの雨はちょっと強すぎました。
「オタクサ」の話、始めて知りました。シーボルト博士に、こんな逸話があったのですね。
2011年06月11日 18:16
こんにちわ
この時期は何んと言っても紫陽花抜きにはかたれないですね
雨が似合う花 あじさい いいですね
中ほどにある紫陽花の U P が すてきです。
日本植物誌の中に …ですか しらなかった~
良いお話を ありがとう!
2011年06月12日 01:34
ろこですさん 御訪問ありがとうございますm(__)m

額紫陽花、大好きです~~~❤❤❤
今日も 老人ホームの母の部屋は墨田の花火を生けてあります。

ろこさんの映像が 美しくて素敵です~~~♪
ハシラサボテンのピンク花弁に輝く雨粒が綺麗!
シーボルトの記事の後の額紫陽花のアップ、細かい青い花の色も多彩ですご~く美しいです(*^_^*)魂が洗われるようでした

ろこ
2011年06月12日 07:15
信徳さん
アジサイは梅雨の花ですよね。雨に合うととても色鮮やかです。
雨が少ないですね。ようやく降ったと思ったら大荒れでした。
6月結婚の女性は幸せになれる・・・ジューンブライド、私の友人お子さんも6月に結婚したんですよ。
ろこ
2011年06月12日 07:16
 たそがれさん
おはようございます。
お花にまつわるお話って楽しいですね。
あら~~おシカちゃんは紫陽花も大好きなんですか?
新芽をたべてしまったのかしら?
梅雨は中休み状態でしたが急に大荒れでした。
いつもポチをありがとうございます。
ろこ
2011年06月12日 07:17
 anaderaさん
おはようございます。
雨に似合う花アジサイ見とれてばかりいるととんでもない事にですね。
雨にけぶるアジサイは素敵です。
確かに坂道や階段脇など滑りやすいところに咲いていることが多いですね。
滑って、転んだことがおありですか。気をつけましょう!

ろこ
2011年06月14日 09:22
ヤッコ~~♪
紫陽花は他のお花とは違った何かがあるのね。
ヤッコは漢字が好きなんだ。私はひらがなの「あじさい」が好き!ガクアジサイも好き!
シーボルト博士には、こんなロマンスがあったのよ。
子宝にも恵まれた、オタクサさん、その後結婚したというからきっと幸せになれたと信じたいわ。紫陽花のように素敵な晩年だったと。。。
じつは・・・
滝が亡くなったのは、明治2年4月12日、63歳だったそうよ
滝は子宮ガンだったと。
臨終の際には好物のオランダいちごを食べたとか・・・
出島の光景を思い出していたんでしょうか?
ろこ
2011年06月14日 09:23
 ヒゲおやじさん
淡いブルーのヤマアジサイ。ヒゲおやじさん好みでしたよね。
>今の紫陽花はほとんどが改良種で、逆輸入品のようです。<
そのようですね。
お滝さんの時代にも改良種はあったんでしょうか。
万葉の時代にあったんですものね。
ろこ
2011年06月14日 09:24
 bettyさん
おはようございます。
額紫陽花は綺麗ですよ。中心のお花が特に。
こちらでは今が市場ん綺麗な時です。
白の紫陽花は楚々としていて華やかな中に落ち着きがあります。
これから改良種が咲き始めます。
ろこ
2011年06月14日 09:25
 ミニミニ放送局さん
アジサイはイメージからという事もあるでしょうが、
梅雨時に咲くので雨にぬれることも多く、ぬれると輝きを増すという
花弁が強いお花ですね。
日本のアジサイはオランダの花や自然とは違う雰囲気を持っていたんでしょうね。
ろこ
2011年06月14日 09:27
 ミクミティさん
アジサイと万葉集とシーボルト。
ちょっと考えられない又想像の出来ない組み合わせだったでしょうか。
興味深く読んでいただけたんですね。
良かったです。
私も好きな伝説です。
日本生まれのお花の歴史ですね。
誉めて頂き有り難うございました。
ろこ
2011年06月14日 09:28
 SHIGEさん
アジサイも見頃になりました。
紫陽花も強すぎる雨はつらいんでしょうね。
それでも強くできていますね。雨があがったらいつものお顔でした(笑)
シーボルト博士とアジサイ意外でしたね。
ろこ
2011年06月14日 09:28
 メダカさん
この時期は何んと言っても紫陽花・・・
このお花抜きにはかたれないですね。
紫陽花の U Pは思った以上に綺麗な表情を見せてくれます。
お花にまつわるお話は多いですね。
ろこ
2011年06月14日 09:29
 eisuiさん
こちらこそ有り難うございます。
老人ホームのお母様のお部屋に「墨田の花火」を生けて差し上げたんですね。
お母様もさぞかしお喜びでしょう!
ハシラサボテンのピンク花は大好きです。
雨上がりに輝く姿が特に好きなんですよ。
おほめの言葉嬉しいです。有り難うございます。
ろこ
2011年06月14日 09:30
気持玉を下さいました皆様ありがとうございました。
励みになります。
2011年06月14日 20:25
数年前に、トルコに旅行した時、トルコの宮殿の庭にアジサイが沢山咲いていました。
しかし、気温40度の、太陽ギラギラの中なんですよ。
アジサイは、ややうつむき加減でした。
やはり、梅雨時の頃がアジサイには似合っていると思いましたっけ。
シーボルトが紹介したアジサイ、トルコにまで渡ったんですね。
2011年06月16日 23:03
 あっこさん
遅くなったごめんなさい。
トルコの宮殿の庭にもアジサイが咲いていたんですね。
そう言えばフランスでもニュージーランドでも咲いていました。
気温40度の、太陽ギラギラの中は凄いですね。
改良されているんですね。
アジサイは雨が・・・ですよね。
シーボルトが紹介したアジサイは、トルコをはじめとしてヨーロッパ全土に渡っているようです。

この記事へのトラックバック

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事

QRコード

Gポイント

リンク集