ろこのつれづれに・・・♪毎日が花曜日♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 中島千波さんの桜

<<   作成日時 : 2006/03/26 23:58   >>

トラックバック 1 / コメント 31

画像


      桜の花が咲く頃になると和室に飾る屏風絵です。

      中島千波さんの描く桜の花が大好きで、小さな物ですが私には大切なんです。

      これはデパートの中島千波さんの絵画展に行きその場で買ったものです。

画像画像














     最初の出会いは長野県上高井郡小布施町にある「おぶせミュージアム・中島千波館」でした。

     日本画家中島清之氏の三男として昭和20年10月21日疎開先の小布施で誕生しました。

     そんな事から小布施町には中島千波館があります。たまたま小布施に住む姪を訪ねた折に

     寄ったのですがその折描かれた桜に魅せられました。

画像


    そして不思議なご縁とでも言いましょうか。

    娘の友人のお父様でした。

    絵画展で見る大きな屏風絵の迫力はありませんが、

    私の大切な宝物そして大好きな絵です。












    寡黙で優美な、自信に満ちた存在感を見せていたハクモクレンが散り始めました。

画像

      この花の歴史は1億年以上も昔に

      さかのぼるそうです

      現存するあらゆる花の重要な先祖の

      ひとつと言われ、被子植物が地球上に

      現れたばかりの頃から、現在の形を

      していた事が化石によって証明されて

      いるそうです。

画像

     木蓮の花粉を運ぶ昆虫にとって良い形で、

     虫たちもまた1億年前の姿のままで

            いるからだとか。

     夜目にも鮮やかなハクモクレンの

     桜よりも短い命に

     悲しみを見たような気がするのは

            私だけでしょうか?

     桜の花同様に儚い命だからこそ美しいのでしょうね!

サイト内ウェブ検索

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
12年間に訪問頂いた回数は・・・ 2547324 件
今年もいただきました ブログを開設してからもうすぐ12周年!! ウェブリブログに登録してからあと2日で12周年になります (2017/4/17いただきました) ウェブリブログ事務局まーさ さんからです ...続きを見る
ろこのつれづれに・・・♪毎日が花曜日♪
2017/04/18 01:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
コブシもモクレンも、花が咲いたのですね。私のところでは、まだ、つぼみです。
どんた
2006/03/27 00:26
暗闇に浮かんだモクレンには圧倒されそうな雰囲気が・・・
そうなんですか。桜よりも儚い・・・
愛でてあげないといけませんね。
散った花びらが存在感を示しているようです。
そよかぜ
URL
2006/03/27 01:07
大地に戻ったハクモクレン。暗い中に白い最後の光を放っているように思えます。
中島千波さんの屏風絵、素敵ですね。不思議なご縁にも驚きました。
湖のほとりから・・・
2006/03/27 07:22
屏風すごいですね。もし買えてもうちでは飾るところがありませんね。お金も無いけど。
ハクモクレンは、可憐で儚いのですが、なんと言っても
その美しさ、花の大きさからも来る圧倒的な存在感にありますよね。
ボリュームもあるのに凛としていますよね。
散ると、また来年と次の年まで考えてしまいます。
ああじゃん
2006/03/27 07:25
木蓮があらゆる花の重要な先祖のひとつ、とは知らなかったです。花も虫も、姿を変える必要もなく何億年もそのまま繋がってきたんですね。太古の歴史、原始の記憶をどこかに刻んで。人間にも原始の記憶があるはずなんだけど、何もかも退化してしまってる。春になってホルモンが活性化してきたなと感じるとき、ほんのすこしだけ原始の名残りを思い出しますよ(^-^)
みけ
2006/03/27 07:35
屏風ですか〜お洒落ですね 中島千波さんってお花を題材した絵が多いですネ
自由が丘の画廊に作品が沢山有った事を思い出しました、繊細な桜の絵でした。モクレンって花時期がホント早いですよね〜昨日綺麗だと思っていても翌日はしな垂れていて〜ああ〜なんてこと暫しです・・・
笑顔
2006/03/27 09:48
おはようございます。
中島千波さんのお名前は、初めて伺うのですが、この桜の絵は素晴らしいですね〜。
しかも、お嬢様のご友人のお父様とは、より親近感が沸くのではないでしょうか。
ハクモクレンのお話、初めて知りました。
これからは、そのことを念頭において、観賞することにします。
ロボット
2006/03/27 10:26
おはようございます☆〜。
小さな物とは思えませんね・・・
ミニュチュアサイズでも、こんなに見事なのですから、
大きいサイズなら、「お宝鑑定団」行きですねヽ(^o^)丿
めざまし時計
2006/03/27 10:33
ろこさん こんばんは 日本画家で長野小布施出身の
中島千波さんの桜は、前のブログでも紹介されていましたね、
丁度今の時期にふさわしい、上品に描かれている桜です。色が
抑えてあるにもかかわらず華やかで大きく見えますね、小布施は
善光寺の近くですよね、小布施の美術館で、ず〜〜っと前に、違う方の絵を見てきました。
中島千波さんじゃなかったけど、今 度忘れしてしまいました波のすばらしい
絵を書く画家ですよ、有名な画家あ〜〜名前が出て来ない、
siki-oriori
2006/03/27 19:26
こんばんは、、ご無沙汰していました、、、
山へ出かけて少し疲れてしまい、ここの所、コメントも自分の
更新もさぼっていました、、、その間、ろこさんはじめ
皆さんの所は花いっぱいで、春爛漫ですね〜
コブシとハクモクレンの見分け方、知らなかったので
勉強になりました、ハクモクレンの歴史も、、
大切にされているものだけあって
見事な枝垂桜の屏風ですね、小布施へも行ってみたいなぁ〜
ドンとボスのママ
2006/03/27 19:44
ろこさんゴメンナサイ<m(__)m> 叉失敗しました。
以前見たのは、グランドマザーさんのブログでした、
siki-oriori
2006/03/27 19:45
屏風絵・・見事ですね!
日本人にとって桜って特別な存在なんでしょうね。
あ〜〜!!桜の花が待ち遠しいです!

白木蓮、そんなお話をどこかで読んだ気がします。
何気なく見ている花でも、それなりの歴史があるのですよね。
お花を見ていて癒されるのは、
太古の昔から息づいている、生命の営みが
感じられるからでしょうか?
そんなことを考えると、自分の悩みなどちっぽけかな?と思うかすみです。
(^^)
かすみ
2006/03/27 20:23
こんばんは 桜の屏風絵素敵ですね 見事な桜です!
世の中広いようで狭いですね 不思議なご縁大切になさってくださいね。
kumi
2006/03/27 22:54
★どんたさん
そちらの方が寒いのですね。
モクレンの落ちた花びらは大きいだけに悲しい雰囲気です。
ろこ
2006/03/27 23:10
★そよかぜさん
散った花びらが存在を誇示しているように思えますね。
そよかぜさんのブログに登場しそうな画像とおもいませんか?
でもだめよ(^0_0^)
ろこ
2006/03/27 23:14
★湖のほとりから・・・さん
ハクモクレンは散った花びらが存在が大きくて暗闇でも「私はここよ」って言っているようで。
世の中には不思議な縁てあるものなんですね。
ろこ
2006/03/27 23:19
★ああじゃんさん
この屏風はミニなんです。
どなたにも購入できるお値段ですよ。
桜の季節に和室に飾っています。
緑茶は桜の花の手書き模様の湯のみときゅうすで・・・(笑)
自宅にはハクモクレンがないので御近所のお宅の花と散花を写させていただいたんです。お騒がせでした・・・(^_^.)
ろこ
2006/03/27 23:24
★みけさん
>人間にも原始の記憶があるはずなんだけど、何もかも退化してしまってる。春になってホルモンが活性化してきたなと感じるとき、ほんのすこしだけ原始の名残りを思い出しますよ(^-^)<
このコメント素晴らしい!(笑)
みけさんならではです。私頂きます。
自然の営みはすごいですよね。
人間も考え直した方がいいところがたくさん有りですね。
ろこ
2006/03/27 23:29
★笑顔さん
自由が丘の画廊御存知でしたのね。
とても繊細な花を描かれるんです。花の前で立ち尽くしてしまいます。
桜が多いんですが牡丹も多くかかれています。

モクレンの命の短さにはびっくりしますね。
あんなに大きな花なんだからもう少し頑張って欲しいわね。(^_^)
ろこ
2006/03/27 23:35
★ロボットさん
最近はあちらこちらで絵画展がある日本画の画家さんなんですよ。
機会があったら是非ご覧になってください。
とってもいい絵です。
この屏風の実物を見たらものすごい迫力で感動します。
とっても大きな屏風です。
ろこ
2006/03/27 23:41
★めざまし時計さん
お宝鑑定ですか。本物だったらいいですね。私はこのミニサイズで十分です。大きな物を置いたら小さくなって生活しなければなりません(笑)
小さくても宝物です私には。(^_^)
ろこ
2006/03/27 23:50
★siki-orioriさん
小布施はまあまあ善光寺に近いかな。
行かれたんですね。
おぶせミュージアムには千波館が常時あります。
その他に色々な方の絵画展があるんですね。
グランドマザーさんに屏風を記事にすると約束していたので載せました。
私も結構おっちょこちょいだけれど・・・ホホホ
ろこ
2006/03/27 23:59
★ドンとボスのママさん
お帰りなさい!お疲れ様でした。
ゆっくり休んでから山行き記事ですね。楽しみにしていますから。

調べてみると花にも色々な事があり結構奥がありびっくりします。
ろこ
2006/03/28 00:03
★かすみさん
もくれんの花が1億年前から・・・びっくりしました。
変わることなく春に咲き短い命を謳歌し、1億年の間繰り返してきたことを思うと言葉がないです。
もくれんの花の前ににんげんのちっこさを感じてしまいます。
ろこ
2006/03/28 00:08
★kumiさん
人と人との不思議な縁というのはあるものなんですね。
大切にしたいですね。
ろこ
2006/03/28 00:09
この屏風がミニサイズだなんて・・・
広いお座敷に神々しく広げられた大きな屏風にしか花には見えませんよ♪
でも素敵です!お部屋をその時期に合わせて飾ることは大好きですけど
狭いわが家は工夫するのに大変ですが。。。それも楽しいかなぁ〜て。

URL
2006/03/28 09:27
ろこさん やっぱり素晴らしいですミニには画面からですと見えませんよ
先日見てきたのと同じくらい感動です
千波先生とのお近づきも絶賛ですけれど 屏風絵も大切に桜のころにはまた
見せてくださいね
グランドマザー
2006/03/28 12:06
季節に合わせて好きな和の物を飾る。。
ろこさんのライフスタイル、目指しましょうっと。
2階の荷物片付けも、そう思うとルンルン♪
床の間も活用しなきゃね。。
う〜ん、ますます自由が丘へ行きたくなりました♪
toko
2006/03/28 20:59
★花さん
季節に合わせて部屋を飾る事を考えるのは楽しいですよね♪
花さんは手作りが得意だからいつも新鮮な感覚の素敵な部屋になっていることと想像していますよ。覗いてみたいな!
可愛らしい手作りのお人形が並んで・・・エトセトラ・・・
ろこ
2006/03/28 22:29
★グランドマザーさん
ありがとうございます。本物のあの大きさではとても飾るところはありませんが、大きな家だったら飾ってみたいですよね。
小さいけれど雰囲気は感じる事が出来ます。
ほんの少しの季節の楽しみなんですが。
ろこ
2006/03/28 22:32
★tokoさん
唯一の和室ですが、和の物は好きで季節季節に楽しんでいます。
私は床の間の作りは至ってシンプルにしました。
その方がその時々自由に飾る事が出来るので。
今は椿の花を飾っていますが、椿は散るのが早いので花を代えるのが大変ですが。
>2階の荷物片付けも、そう思うとルンルン♪<頑張って!
ろこ
2006/03/28 22:38
中島千波さんの桜 ろこのつれづれに・・・♪毎日が花曜日♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる